lsap

rouninn

将来への不安を煽る人々

あなたが知らない○○、仕事がデキル人はみんなやっている○○、結婚しなくちゃだめだ、プログラミングできなきゃだめだ、英語できなきゃだめだ、年収は何百万なきゃだめだ、○○大学に行かなきゃだめだ、貯金は何千万なきゃだめだ、だめだだめだ、あれもしなさいこれもしなさい、みんなやってる、やらなきゃ損する、やらなきゃ後悔する、やらなきゃ惨めな生活を送ることになる・・・

 

最近、金儲けのために必要以上に不安をあおっている人が多いのではないか?

 

英語なんかが分かりやすい。

まず、いかに日本人が諸外国に比べて英語ができないかを分からせる。そしてグローバル化の時代に英語ができないのはダメだと言う。悪だという。そんな脅しの言葉に恐ろしくなってしまった人は何もわからない将来に対する不安にかられて勉強するようになる。そして勉強中の人にも日本人の変な英語とかいってさらに不安を煽ったり、簡単に学べる教材といって売りつけたりする。

こうして英語業界(英語のネイティヴとか英語の塾とか)が儲かる仕組みになっている。

 

でも冷静に考えて英語は本当に必要なのか?いくらグローバル化といっても、ずっと日本で日本人と暮らすなら全く問題ない。海外旅行だって話せたら楽しいだろうけど別に話せなくたって楽しい、それに外国人が全員英語を話せるわけじゃない。海外に出て働く人はどれほどいるのだろうか?優秀な人でない限り、慣れない海外で外国人と競争して仕事するより慣れてる日本で仕事をした方がよくないか?あと、英語を勉強するにしても英会話の勉強は必要なのか?メールやチャットをするだけならいらないのではないか。英語の本や記事や論文を読むだけなら現在の学校の勉強が結構役に立つのではないか?

 

冷静になって自分が何を求めているのかを考えると、人生にはやらなきゃいけないことってそんなにないということが分かる。あったとしてもそれは自分で決めることだ。他人に言われてやることじゃない。

 

不安を煽る業界はもはや新興宗教だ。死後の世界や来世がグローバル化とか少子高齢化とか日本はもう終わりだとかいう話に変わっただけだ。誰もが持っている漠然とした将来の不安に漬け込み信じなければ不幸になると脅す。こんなのカルトの手口とまったく同じだ。

 

新興宗教的なビジネスがはびこる中で生き残るには、自分で考えて自分で行動することが一番大事なんだなと思いました。

 

 

 

バイト辞めてステーキ食べた

今日バイトをやめた。

そろそろ試験勉強しないといけないから。

初めてのバイトだったから色々迷惑かけたけどバイト先のおばちゃんたちは優しくしてくれたから良かった。

帰りに、初めて「いきなりステーキ」に行ってみて肉を300グラム食べた。肉は300グラムくらいがちょうどいい。400グラム食べてたら動けなくなってたと思う。お店が空いていたから座って食べることができた。食べてて、立ち食いは結構つらいのでは?と思った。

肉質は硬かったからよく噛んで食べた。久しぶりに顎を使った気がする。霜降りの柔らかい肉が好きな人にはお勧めできない肉だった。ここの肉は硬くて赤身でタレをたっぷりかけて食べる肉だ。でも僕はこういう肉のほうが肉を食べてる感じがして好きだ。僕が食べたいのは脂じゃなくて肉だ。

いまだに霜降り肉というのは人気なのだろうか。いきなりステーキで出てきたような肉の方が満足感があると思うんだけどな。うーむ。わからん。

浪人生(無職)の一日 凡人は辛い

日記

朝起きて、焼きおにぎりとチーズを食べて豆乳を飲んだ。

勉強しようかと思ったけど

村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス 上」を読んだ。

昼はインスタントラーメンに出来損ないの温泉卵を二つ入れたものと母がパート先でもらったケーキを食べた。

午後は、お金を稼ぐ方法を調べた。

ブログで稼ぐというのがあったがめんどくさそうだったからやめた。

 

感想

前まで「今日はこれくらい読もうかな」とか「この章が終わったら読書をやめよう」とか思ってたんですけどこれは良くなかったです

 

本を読むのがまるで仕事みたいになってしまって最後の数ページが全然楽しめないんです。

 

やっぱり、読書に没頭して気が付いたら半分読み終わってたみたいなのが理想です。

 

だから

本を読ん読んでいるときは他のことを考えないことと、

時間をたっぷり用意しておくことが大事ですね

 

没頭してたらいつの間にか・・・っていうのは楽しい。

 

没頭してると知らない間に色々な知識や技術が蓄積されるんですよね。

 

げんしけん」の班目が

 

オタクはなろうとしてなるもんじゃなくて、いつの間にかなってるもの

 

と言ってたのを思い出す。

 

没頭大事だなぁ。

 

中学高校の六年間、何かに没頭することってなかったからなー。

 

小学生の頃は遊んでるときに没頭してたと思うんだけどなぁ・・・

 

没頭できる心を持ち続けられるのも才能なのか? 分からん。

 

でも実際、成功する人は没頭できる人なんだろうなと思う。

 

村上春樹だって高校生の頃から外国の本を英語のままで読みまくってたり大学の図書館で脚本を読みまくったりしてたみたいだから彼は没頭できる人といえる。

 

没頭は天才の条件なんだ、きっと。

 

すごいなぁ。没頭力欲しいなぁ。

 

僕は凡人だなぁ。

 

平凡だなぁ。

 

今の時代は凡人にとっては辛いよー。

 

天才の力がネットで世界中に行き渡って凡人は必要なくなっているから、何かしら突出した能力がない人は生きづらい。

 

凡人なりにこの世の中を生き残るために何とかしなきゃなぁ、と思う。

 

だるいな。

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浪人生(無職)の一日 英語

日記

午前中から夕方までずっとネットを見ていた。

河合塾模試の結果が返ってきた。

夜に「金持ち父さん、貧乏父さん」というお金についての本を読んだ。

 

感想

英語の点数が悪かったので英語をやることにします。

 

テストの点数は悪いけど、別に英語が嫌いなわけじゃないんです。

 

英語の勉強が嫌いなんです。

 

読みたくもない文章を時間内に読まないといけなかったり、重箱の隅をつつくような文法問題を解かされたり、そういうのが嫌なんです。

 

oasisthe stone rosesthe libertinesとか好きだけど勉強になると途端に嫌になるんです。

 

受験英語とはさっさとおさらばしたいと切実に思っています。


Oasis - Supersonic

 

 

 

 

 

 

浪人生(無職)の一日 ゲーム最高

日記

今日はポケモン・ダイヤモンドで殿堂入りした。

 

プレイ時間は21時間46分、小学生の時はこれの倍くらいの時間がかかってたはずだから自分の成長を実感できた。

 

それだけの一日だった。

 

感想

現実ではなかなか味わうことのできない達成感を手軽に味わえてしまうゲームは素晴らしいですね。

 

今日僕は

 

シンオウ地方をギンガ団から救い、

伝説のポケモンを仕留め、

ポケモンリーグを制覇してチャンピオンになっちゃったわけですからね。

 

現実世界では自宅浪人生で時給1000円のバイトをしている人間なのにゲームの中では大活躍ですよ。

 

凄すぎ( ^ω^)・・・

 

小学校の時はゲームしてもこんなこと考えなかったなぁ・・・

 

成長したってことなんでしょうか?

 

ていうかそもそもゲームをあんまり持ってない小学生でした。

 

小学校の頃に買ったゲームは

ポケモン ダイヤモンド

ポケモン エメラルド

ポケモン リーフグリーン

マリオカート

マリオパーティ

 

だけなんですよね。

 

友達はもっとたくさん持ってた記憶があります。

 

まぁ要因としては2年生くらいまでゲーム禁止令があって買ってもらえなかったのが大きいのかなって気がします。

 

みんな幼稚園くらいからゲームボーイ触ってたりDSの初代を持ってたりしたけど僕はDSライトが出るまでゲームやってなかったので他の子よりゲームに関心がなくなったんでしょうね。

 

ゲームが下手なのもそれが原因か?・・・分からん。

 

でもゲームってコミュニケーションツールになる事があるから持ってたほうが良いのは確か。
 
親もそれに気づいたから2年生の時に買ってくれたんでしょうね。

 

 

 

あと小学校時代はそこそこ楽しかったから現実逃避としてのゲームをする必要がなかったっていうのもありますね。

 

 

あの頃は、まさかこんな18歳になるなんて思ってもみなかった・・・

 

がんばろ。

 

それではまた次回。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浪人生(無職)の一日 高校を出たのに・・・

日記

今日は9時に起きて昨日の夜ごはんの残りのポトフを食べて温めた牛乳を飲んだ。

食後にポケモン・ダイヤモンドをやって5個目のバッヂをゲットした。

昼はたい焼き2個とツナ缶マヨネーズを食べて牛乳を飲んだ。

食後に、借りていた本を図書館に返しに行き帰ってきてからポケモンリーフグリーンをやってミュウツーを捕まえた。

それから筋トレをして一日が終わった。

 

感想

このまま受験勉強して大学に行って一人で生きる力が身につくのか?

多分無理だろうな・・・結局自分で勉強しないといけないんだ。

それなら、専門学校とかに行ったほうがいいのかな?

そもそも真面目に高校出ても生きる力がまるで身につかないないなんてひどすぎじゃないだろうか。できることといえばせいぜい時給1000円のバイトくらいだ。義務教育って何だ?高等学校って何だ?受験のテクニックだけ教わっても生きていけないじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浪人生(無職)の一日 

寝坊しかけるが朝8時に起きてバイトに行った。

 

13時にバイトが終わり駅で電車を待っていたんだけれどなんだか家に帰りたくなくなったので家とは逆方向の電車に乗った。

特に行き先を決めていなかったので路線図を見た。

生まれてから一年半くらいの間住んでいた町「大和」があったのでそこに行くことにした。

 

そこは自分の想像とは全く違っていた。すごい田舎だと勝手に思っていたけどそこの駅前はそこそこ栄えていた。

 

でも住んでたところもわからないし、ほかに見る物もないので僕は昼にすき家でとろろわさび牛丼を食べた後暇つぶしに横浜に向かって歩くことにした。

 

歩くのは楽しかった。残念ながら「二俣川」までしか行けなかったけど7キロ弱の散歩はいい運動になった。

 

疲れた。ねむい。おやすみ。